concept

私たちオリエンタリズムは「日本のカッコ良さ」を世界に広める活動をしてきました。

その中で気付いたのは、、、

意外にも「日本の皆さんが日本のことをよく知らないのではないか?」ということでした。

EDGE OF JAPANでは「日本のカッコ良さ」を『究極のこだわりから生まれた日本独自のモノやコト。

そしてそれを作り出したヒト』と定義し、各方面で活躍するゲストの方から熱いこだわりのお話をお聞きします。

EDGE OF JAPANが日本の素晴らしさを再認識していただくきっかけになれば幸いです!


MC

サカクラカツミ
1963年生まれ。名古屋市出身。日本の伝統文化の持つ特異な「動き、リズム、精神性」を総合芸術として表現するアーティスト。生のパフォーマンスとプロジェクターからの映像をシンクロさせたパフォーマンススタイル「プロジェクションライブ」を発案し、世界でこのスタイルが高く評価され40ヵ国から招聘されパフォーマンスを行い、19ヵ国のTV番組に出演。また「What is real Japanese Cool?」と題し講演会を国内外(東京大学、モスクワ大学、青山学院大学、桜美林大学、名古屋学院大学、ロンドンSOAS大学等)にて行う。

2015年クアラルンプールにて行われた第128回国際オリンピック委員会総会にてオープニングパフォーマンスを務める。

デザイナーとしての一面もあり、パフォーマンスの衣装はもちろん私服もメガネからコートまで身に付けるほとんどのものをデザインし自ら製作もする。

http://www.orientarhythm.com

Eiko

京都出身/1987年よりフィットネスインストラクターとして関西で活動し、1992年日本ボディビル連盟京都大会にて優勝。その後、ダンス(HIPHOP JAZZ LOCKING WAKING カポエラ等習得)に転向しJAPAN DANCE DELIGHT Vol.2で準優勝を獲得するなど抜群の身体能力を誇る。

1999年 サカクラと共にORIENTARHYTHMを結成。2003年 米TV番組TALENT AGENCYに出場し全米チャンピオンとなる。
2007年 N.Y.オフブロードウェイにて5日間公演を行う。2008年 ドバイ政府から招聘され1ヶ月間の公演を行う。

2017年 「Asia Football Confederation Annual Awards 2017」にてパフォーマンスを行う。

2018年 東京ミッドタウン日比谷のこけら落としにて60分間の単独公演を行う。

日本の伝統文化の持つ特異な「動き、リズム、精神性」を総合芸術として表現するアーティスト。美的ボディと健康を提供するコンディショニングトレーナーとしても活動中。

http://www.orientarhythm.com

MAMI
1987年生まれ。埼玉県出身。9歳よりストリートダンス(HIPHOP.LOCKING.PUNKING.JAZZ)を始める。キッズダンサーとして、TV東京RAVE2001出演など数々のコンテストへ出場、優勝を果たす。11歳より、サカクラカツミ、Eikoを師事。高校入学と同時にサッカーを始める。2008年 オリエンタリズム加入。

2010年 上海万博にて公演を行う。

2012年 東京ドームシティ 初音ミクライブ振り付け。2013年 エチオピアシープスキンを使ったブランドandu ametモデル。
2015年 ロシアで行われたアーティスト、パフォーマーが集うチャリティイベントArt Football日本代表としてパフォーマンス、サッカー試合出場。
2017年 「Asia Football Confederation Annual Awards 2017」にてパフォーマンスを行う。

2018年 東京ミッドタウン日比谷のこけら落としにて60分間の単独公演を行う。

日本の伝統文化の持つ特異な「動き、リズム、精神性」を総合芸術として表現するアーティストとして活動。また、独自のダンススタイルとヌンチャクを合わせた「Street Nunchaku」で新しいジャンルとしての動きを生み出している。

http://www.orientarhythm.com